コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
JRA 競走馬総合研究所

トップページ > 競走馬リハビリテーションセンター(常磐支所) Rehabilitation Research Center

競走馬リハビリテーションセンター(常磐支所) Rehabilitation Research Center

フルパフォーマンスでの競走復帰を目指して

競走馬リハビリテーションセンター写真

 競走馬リハビリテーションセンターは、現役競走馬のリハビリテーションを専門とする日本で唯一の施設として、1963年に福島県いわき市に開設されました。
 馬の運動器疾患は下肢部に好発します。当センターでは、下肢部 を冷却しながら運動できるウォーターウォーキングマシン、下肢部の負荷を軽減しながら運動できるウォータートレッドミルやスイミングプール、馬専用のランニングマシンであるトレッドミルを備え、馬の病態やリハビリテーションの進度に合わせてこれらの施設を活用しています。日々のトレーニングの疲れを癒すための馬専用の温泉も併設しています。また、定期的にレントゲン検査・エコー検査を行い療養馬の病態を把握することで、最適なリハビリテーションメニューを設定します。さらに、競走馬総合研究所やトレーニング・センターと連携し、現行メニューの検証・改善、新たな治療・検査法の調査研究等も行っています。
 当センターでは、獣医師・装蹄師を含む職員が連携することで、質の高いメディカルリハビリテーション・アスレチックリハビリテーションを提供し、療養馬のターフへの復帰をサポートします。

パンフレット(PDF:1,229KB)

スタッフ

  • 支所長塩瀬友樹Tomoki SHIOSE, DVM
  • 係長飯森麻衣Mai IIMORI, DVM

見学のご案内

 競走馬リハビリテーションセンターでは、療養中の馬を見学することができます。

見学時間

 午前9時から午後5時まで。午前中にいらっしゃると、リハビリ中の馬を見ることができます。(日曜日はお休みです)

見学の申し込み

 個人の場合は必要ありません。団体の場合は事前に下記までお問い合わせ願います。

見学できる施設

  • 馬の温泉主に午前中に入浴しています。
  • 赤いトンガリ厩舎ポニーのミミちゃんがお出迎え。放牧場にはサラブレッドのナモンゼウス君も待っています。
  • ウォータートレッドミル主に午前中に実施しています。(土日祝日はお休みです)
  • プール2018年のプール調教は、10/12で終了しました。(毎年5月下旬~10月下旬の午後1時半から)
  • 馬場午前9時から騎乗調教を行っています。(プールの時期は7時から)


それぞれの馬にあわせたリハビリメニューを組んでいる関係で、予定時間に施設見学しても馬を見ることができない場合があります。また、天候などの理由により、リハビリの予定が変更になることがあります。あらかじめご了承ください。

お問い合せ:競走馬リハビリテーションセンター 総務係 TEL:0246-43-3185

馬の温泉だより