コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
JRA 競走馬総合研究所

トップページ > 研究室紹介 > 臨床医学研究室 Clinical Veterinary Medicine Division

研究室紹介

臨床医学研究室 Clinical Veterinary Medicine Division

最新医療技術を導入し、競走馬のスポーツ医学を切り拓く!

臨床医学研究室イメージ

臨床医学研究室では、競馬というスポーツに関連して競走馬に起こる故障や疾病の予防・治療に関する研究を行っています。スポーツ医学は総合的な専門医学分野であり、調教、レース、輸送、飼養環境、遺伝的背景など競馬を取り巻く様々な要因で運動器(骨・関節・腱・靱帯・筋肉・蹄)、呼吸器(咽喉頭・肺)、消化器(胃・腸)、感覚器(眼)等に発症する各種疾病に対して、最新医療技術を積極的に導入し、臨床獣医師の技術向上をサポートする研究に取り組んでいます。

パンフレット(PDF:820KB)

研究スタッフ

  • 室長笠嶋快周Yoshinori KASASHIMA, DVM, PhD
  • 研究役福田健太郎Kentaro FUKUDA, DVM
  • 主査黒田泰輔Taisuke KURODA, DVM, PhD
  • 主査田村周久Norihisa TAMURA, DVM, PhD
  • 主査三田宇宙Hiroshi MITA, DVM

研究課題

一般研究(2016-2019)
局所麻酔薬を用いた筋損傷モデルの作製法と多血小板血漿(PRP)による筋損傷修復作用の検討
一般研究(2017-2019)
ウマ腱組織に移植した幹細胞の生存性向上に関する検討
一般研究(2017-2019)
ラクタム系抗菌薬の組織および臨床症例の薬物動態に基づいた投与法の検討
一般研究(2018-2022)
競走馬の事故防止および各種疾病に対する臨床技術(診断法・治療法)の向上に資するための基礎研究
委託研究(2018-2020)
ウマ人工多能性幹細胞(iPS)を利用した間葉系幹細胞の作製

原著論文

2017

Tamura N, Kuroda T, Kotoyori Y, Fukuda K, Nukada T, Kato T, Kuwano A, Kasashima Y
Application of sonoelastography for evaluating the stiffness of equine superficial digital flexor tendon during healing
Vet Rec 180, 120, 2017 [PubMed]
 
Tamura N, Nukada T, Kato T, Kuroda T, Kotoyori Y, Fukuda K, Kasashima Y
The use of sonoelastography to assess the recovery of stiffness after equine superficial digital flexor tendon injuries: A preliminary prospective longitudinal study of the healing process
Equine Vet J 49, 590-595, 2017 [PubMed]

Fukuda K, Miyata H, Kuwano A, Kuroda T, Tamura N, Kotoyori Y, Kasashima Y
Does the injection of platelet-rich plasma induce changes in the gene expression and morphology of intact Thoroughbred skeletal muscle?
J Equine Sci 28, 31-39, 2017 [PubMed]

2016

Kuroda T, Kinoshita Y, Niwa H, Shinzaki Y, Tamura N, Hobo S, Kuwano A
Meticillin-resistant Staphylococcus aureus colonisation and infection in Thoroughbred racehorses and veterinarians in Japan
Vet Rec 178, 473, 2016 [PubMed]

2015

Tanaka K, Hiraga A, Takahashi T, Kuwano A, Morrison SE
Effects of aluminum hinged shoes on the structure of contracted feet in Thoroughbred yearlings
J Equine Sci 26, 67-71, 2015 [PubMed]
 
Sasao T, Fukuda Y, Yoshida S, Miyabara S, Kasashima Y, Kuwano A, Arai K
Population doubling level-dependent change of secreted glycosaminoglycan in equine bone marrow-derived mesenchymal stem cells
J Equine Sci 26, 73-80, 2015 [PubMed]
 
Kuroda T, Kinoshita Y, Niwa H, Mizobe F, Ueno T, Kuwano A, Hatazoe T, Hobo S
Methicillin-resistant Staphylococcus aureus ulcerative keratitis in a Thoroughbred racehorse
J Equine Sci 26, 95-98, 2015 [PubMed]
 
Hatazoe T, Endo Y, Iwamoto Y, Korosue K, Kuroda T, Inoue S, Murata D, Hobo S, Misumi K
A study on the distribution of color Doppler flows in superficial digital flexor tendon of young Thoroughbreds during training periods
J Equine Sci 26, 99-104, 2015 [PubMed]

学会発表

2017

田村周久・黒田泰輔・福田健太郎・冨田篤志・田畑泰彦・笠嶋快周
ゼラチンマイクロスフィアとウマ間葉系幹細胞を用いて作製した細胞凝集体に関する検討
第16回日本再生医療学会総会 2017.3

Kuroda T, Nagata S, Tamura N, Fukuda K, Tomita A, Kasashima Y
Olopatadine, a second-generation antihistamine, has high antihistaminic effect from pharmacokinetics/pharmacodynamics analysis in horses
American Veterinary Medical Association (AVMA) Convention 2017 2017.7

福田健太郎・冨田篤志・黒田泰輔・田村周久・笠嶋快周
ウマ多血小板血漿(PRP)の最適な活性化方法についての検討
第160回日本獣医学会学術集会 2017.9

田村周久・冨田篤志・福田健太郎・黒田泰輔・笠嶋快周
塩基性線維芽細胞成長因子とヘパリンがウマ幹細胞の増殖に与える影響
第160回日本獣医学会学術集会 2017.9

福田健太郎・冨田篤志・黒田泰輔・田村周久・笠嶋快周
ウマ多血小板血漿(PRP)から効率的にサイトカイン(PDGF)を得る活性化方法の検討
第9回多血小板血漿(PRP)療法研究会 2017.11

Kuroda T, Niwa H, Kinoshita Y, Tamura N, Fukuda K, Tomita A, Kasashima Y
Methicillin-resistant Staphylococcus aureus colonization and infection in Thoroughbred racehorses and equine veterinarians in Japan
American Association of Equine Practitioners (AAEP) 2017 2017.11

福田健太郎・冨田篤志・黒田泰輔・田村周久・笠嶋快周
フリーズドライ(真空凍結乾燥)で保存されたウマ多血小板血漿(PRP)中に含有されるサイトカイン濃度について -凍結保存法との比較検討-
日本ウマ科学会第30回学術集会 2017.11

2016

黒田泰輔・守山秀和・琴寄泰光・田村周久・福田健太郎・桑野睦敏・笠嶋快周
競走馬の骨折モデルに対する低出力超音波パルス療法の効果について
第159回日本獣医学会学術集会 2016.9

田村周久・吉原英留・小平和道・飯森麻衣・黒田泰輔・福田健太郎・笠嶋快周
腱内の微小血管とその後の重篤な腱損傷との関連性 -ウマを用いた検討-
第31回日本整形外科学会基礎学術集会 2016.10

Kasashima Y, Tamura N, Kotoyori Y, Fukuda K, Kuroda T, Tabata Y
Can delivery of mesenchymal stem cell aggregates enhance retention of cells at the site of injury in cell therapy of equine tendon?
International Scientific Tendinopathy Symposium 2016 2016.10

Tamura N, Yoshihara E, Kodaira K, Kuroda T, Fukuda K, Kasashima Y
Is neovascularization an indicator of subsequent tendon injury risk in the horses?
International Scientific Tendinopathy Symposium 2016 2016.10

Kasashima Y, Tamura N,Tomita A, Fukuda K, Kuroda T, Tabata Y, Arai K
Stem cell therapy for tendon injury of racehorses in Japan: Present conditions and future prospects
Havemeyer Conference on Regenerative Medicine ll 2016.11

2015

笠嶋快周・田村周久・琴寄泰光・福田健太郎・黒田泰輔・田畑泰彦・桑野睦敏
腱損傷治療を目的としたウマ間葉系幹細胞とゼラチンマイクロスフィアによる細胞凝集体の作製と移植法の検討
第14回日本再生医療学会総会 2015.3

桑野睦敏
「馬の装蹄から考えるフットケア」馬の蹄葉炎の研究的な近況
第18回護蹄研究会学術シンポジウム 2015.3

Kasashima Y, Tamura N, Kotoyori Y, Fukuda K, Kuroda T, Tabata Y, Kuwano A
Can stem cell loaded gelatin microspheres improve cell therapy for equine tendon injures?
2015 North American Veterinary Regenerative Medicine Association Conference 2015.6

笠嶋快周
「再生獣医療の進展を目指して-日本が牽引する新分野-」競走馬の腱・靭帯損傷に対する幹細胞移植治療の実際
動物用再生医療等製品の安全性試験等開発事業に係るシンポジウム 2015.9

田村周久・笠嶋快周・浅野寛文・加藤智弘・額田紀雄・石川裕博
超音波エラストグラフィを用いたウマ浅屈腱炎の修復評価
第158回日本獣医学会学術集会 2015.9

琴寄泰光・福田健太郎・桑野睦敏
デキストリン経鼻投与によるウマの食餌性蹄葉炎発症モデルの病態解析
第158回日本獣医学会学術集会 2015.9

黒田泰輔・丹羽秀和・木下優太・上野孝範・加藤智弘・桑野睦敏
競走馬におけるClostridium difficile感染症と非Clostridium difficile腸炎の特徴について
第158回日本獣医学会学術集会 2015.9

黒田泰輔
「ウマ獣医療における抗菌薬療法」JRAにおける競走馬の抗菌薬治療について
日本ウマ科学会第28回学術集会 2015.12