コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
JRA 競走馬総合研究所

トップページ > 総研とは > ごあいさつ

総研とは

ごあいさつ

   競走馬総合研究所(総研)は、競走資源の確保と競馬の公正確保を使命に、1959年(昭和34年)競走馬保健研究所として東京都世田谷区に設置されました。1977年(昭和52年)には競走馬総合研究所と改称し、JRAが掲げる「強い馬づくり」のスローガンの下、組織、施設の充実を図りながら、馬に関する研究を専門に行う我が国唯一の機関として、今日まで研究を続けてまいりました。

   総研は現在、本所(下野市)と常磐支所(「競走馬リハビリテーションセンター」いわき市)により構成されますが、研究はこれらに日高育成牧場の生産育成研究室を加えた3施設において新しい科学技術を積極的に取り入れ、外部研究機関との連携も図りながら実施されます。

   研究の対象は、
       1.スポーツ科学
              トレーニング法の開発と評価

       2.スポーツ障害
              腱炎、骨折などの発症要因の究明とリハビリテーション
              各種疾病の診断、治療、予防法の開発

      3.伝染病対応
              伝染病の防あつに必要な疫学調査
              診断法やワクチンの開発
   
   4.飼養管理
              栄養学
              放牧等の子馬の管理法
   
   5.繁殖
              繁殖生理
              発情や分娩等の管理

    など多岐にわたっております。

   今後も生産地、臨床獣医師、厩舎関係者からのニーズに応じた研究を行うとともに、その成果の還元、普及にも力を注いでまいります。
 皆さまのご支援とご協力をお願い申し上げます。 

競走馬総合研究所 
所長 和田 信也

ごあいさつ