コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
JRA 競走馬総合研究所

トップページ > 総研とは > ごあいさつ

総研とは

ごあいさつ

日本中央競馬会競走馬総合研究所(JRA総研)は、競走馬資源の確保と競馬の公正確保を使命として、1959年(昭和34年)に競走馬保健研究所の名称で東京世田谷に設立されました。その後、JRAが掲げる「強い馬づくり」のスローガンの下、研究内容・施設等の充実をはかり、1977年(昭和52年)に競走馬総合研究所と名称を変更しました。

以降今日まで、競走馬はもとより馬に関する研究を専門に行っているわが国唯一の機関として、50年以上にわたり研究を続けてきました。

2016年(平成28年)より、総研は本所(下野市)、常磐支所の2事業所となり、さらに日高育成牧場の生産育成研究室を加えた3施設で、スポーツ科学・スポーツ障害・伝染病対応・飼養管理・繁殖などの各分野にわたる研究を進めています。また、その研究内容は、トレーニング法の開発・評価、腱炎・骨折などの発症要因の究明とリハビリテーション、その他疾病の診断・治療・予防、伝染病の防あつに必要な疫学や診断とワクチンの開発、流産予防や栄養学など多岐にわたっています。

このホームページは、これらの総研の研究活動をより多くの方々に知ってもらい、また理解して頂くために設けました。ホームページをご覧いただくことで、馬に親しみを感じ、また競馬にも興味を持って頂ければ幸です。

今後とも皆様方のご支援とご協力をお願い申し上げます。

競走馬総合研究所
所 長  田嶋 義男

ごあいさつ