コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ
JRA 競走馬総合研究所

トップページ > 総研とは > ごあいさつ(Greeting)

総研とは

ごあいさつ(Greeting)

 競走馬総合研究所は、昭和34年にJRA(日本中央競馬会)の付属機関として設立されました。当時は競走馬保健研究所の名称で、競走馬資源の確保と円滑な競馬の施行を図ることを目的としていました。この目的は現在も大きく変わることはありませんが、スポーツ科学、スポーツ障害および伝染病対応に関する研究に主眼を置くようになってきています。また、対象を生産・育成に係わる問題にまで広げて、幾多の研究成果をあげてきました。これらの成果を学術誌や学会を通して迅速に馬産業関係者に普及に努めています。

 当研究所のほとんどの研究者はアメリカ、カナダ、イギリス、アイルランド、フランス、オーストラリアなどの大学や研究機関に留学しており、国際的な研究ネットワークを構築し、世界の研究者からの友情、信頼そしてハイレベルな研究成果を手に入れてきました。これらの国際交流を通して、研究活動こそ「動物の福祉の向上」に直接的に貢献できる文化活動であることを強く確信しています。特に「競走馬の福祉の向上」に取り組み続けることこそが競走馬総合研究所の為すべき使命であると考えます。

 競走馬総合研究所は愛すべき馬たちのために、今後も多くの困難を伴う研究に臆することなく取り組んでまいります。何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

所長 笠嶋 快周       


 The Equine Research Institute (ERI) was established in 1959 as an affiliated organization of the Japan Racing Association. At that time, under the name of Equine Health Laboratory, its purpose was to ensure racehorse resources and promote smooth operation of horse racing. This purpose has never been changed until today. The present primary objectives are the research on the sport science, injury and infectious diseases. The horses on the stages of breeding and rearing are also the target of the research as well. The beneficial results of the research have been many and varied, and they had been spread widely and quickly to the horse racing industry through academic journals or international academic meetings.

 Most of the researchers in ERI have experienced studying abroad at universities or research institutes in countries such as the United States, Canada, United Kingdom, Ireland, France, Australia and so forth. Thus, we have established worldwide research network and also have acquired friendship, reliability and high level of research performance. Through these international exchanges, we are strongly convinced that our research is a cultural activity that could directly contribute to the improvement of animal welfare and it is our mission to continue to improve the welfare of racehorses around the world.

 ERI will work undaunted on many challenging difficult research for our beloved horses.
 Thank you for your continued support and cooperation.

Director                                             
Yoshinori Kasashima DVM, PhD

ごあいさつ